【WordPress】Defer parsing of JavaScript を修正する

ウェブサイトを作るうえで大切な前提にページの表示スピードがあります。内容はもちろん大事ですが、そこに至るSEOやUXの観点でも、ページの表示スピードは重要です。

ページスピードはグーグルの検索ランクの評価の一つになっています。

また、スマホがユニークアクセスやページビューの50%を超えるという最近の調査もあるように、サイトを訪れたユーザーの印象は大事です。表示スピードが遅いという悪印象を与えないよう、調整をしていきたいですね。

Defer parsing of JavaScript

GTmetrixPageSpeed Insightsなどで自サイトを調べたとき、下記のように修正項目が提示されることがあります。

  • JavaScriptに関する文言:Defer parsing of JavaScript

Defer parsing of JavaScriptの意味は?

詳細を見ると、JavaScript is parsed during initial page load. Defer parsing JavaScript to reduce blocking of page rendering. と推奨されています。

Deferとは延期という意味で、parsingは構文解析を意味します。
つまり、JavaScriptの構文解析を延期するということ。

ブラウザがそのウェブページをレンダリングするとき、外部JavaScriptファイルを指定するscript要素に到達すると、レンダリング処理をいったんストップさせてJavaScriptファイルのダウンロードと解析を実行します。
それらのあいだ、ブラウザはHTMLの解析や他スクリプトの実行、レイアウト処理を行わないため、ユーザーに読み込みスピードが遅いと感じさせてしまいます。

解決方法

●方法1

次のcodeをfunctions.phpに追記します。
jquery.js以外のjsファイルの解析・読込をDefer(延期)します。

●方法2

上記の方法1でうまくいかない場合は、下記を追記してみてください。